驚異の美しさで迫る「138億光年 宇宙の旅」、東京都写真美術館にて開催

0

「138億光年 宇宙の旅」が東京都写真美術館にて11月21日(土)より開催される。創立から60年余り、宇宙開発や天体観測に偉大な功績を残してきたNASA―アメリカ航空宇宙局。本展では、NASAの画像を中心に、観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡等がとらえた美しく驚異的な天体写真を選りすぐって紹介する。

■アートのごとく見る者を魅了する画像の数々
本展では、太陽系から、銀河系内の星雲や星団、そしてさらにその先にある無数の銀河や銀河団など、多様な天体の姿を大型の高品位銀塩写真プリントで見られる。あせて、すばる望遠鏡、アルマ望遠鏡など国立天文台関連の大型望遠鏡による観測成果の一部を美しい画像によりコーナー展示する。
2020年は、本展で紹介するハッブル宇宙望遠鏡が打ち上げ30周年を迎え、その他にも火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターの打ち上げ15周年など、宇宙科学の記念すべき年となっている。

『サイエンスでありながらアートのごとく見る者を魅了する画像の数々。宇宙の謎や神秘を紐解く人間の英知や科学技術発展の素晴らしさをご体感ください。』


月探査機ルナー・リコネッサンス・オービターがとらえた「地球の出」
NASA/Goddard/Arizona State University
1. 太陽系の天体に迫る
惑星探査機や観測衛星による太陽系探査のハイライトを、近年公開された画像を含めて紹介していく。
土星の大気に突入して20年に及ぶミッションを終えた土星探査機カッシーニ、太陽系最大の惑星である木星の周回軌道に22年ぶりに投入された木星探査機ジュノー、そしてかつての生命活動の痕跡等を探る火星探査車キュリオシティなど、さまざまな探査機や観測衛星がとらえた驚くべき天体の姿を、迫力ある大画面銀塩写真プリントで間近に見られる。


太陽観測衛星SDOがとらえたプロミネンス
NASA’s Goddard Space Flight Center/SDO

火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターがとらえた火星のクレーター
NASA/JPL-Caltech/Univ.of Arizona
2. 銀河系の星雲と銀河宇宙
NASAの宇宙望遠鏡群によって観測された天体画像を中心に、私たちの銀河系から深宇宙まで、ハッブル宇宙望遠鏡の近年公開された画像を含めて紹介していく。
恒星の誕生や死に関係する美しい星雲や多くの恒星が集団をなす星団、そしてさまざまな形の銀河や銀河の集団である銀河団……。
それらの天体を、可視光や赤外線、X線などでとらえた画像は、宇宙の壮麗さを表現しているばかりでなく、宇宙の起源に思いを馳せる契機をも与えてくれる。

超新星爆発の残骸 網状星雲の一部のクローズアップ ハッブル宇宙望遠鏡による観測
NASA, ESA, and the Hubble Heritage Team (STScI/AURA)​

「南天の回転花火銀河」とも呼ばれる棒渦巻銀河M83 の中心付近 ハッブル宇宙望遠鏡による観測
NASA, ESA, and the Hubble Heritage Team (STScl/AURA)
3. 宇宙を探求する目 ―国立天文台の挑戦―
史上初めて撮影されたブラックホールの影、すばる望遠鏡のハイパー・シュプリーム・カム(HSC/超広視野主焦点カメラ)による画像をもとにつくられた「ダークマターの地図」、アルマ望遠鏡がシャープにとらえた「惑星誕生20の現場」など、国立天文台関連の大型望遠鏡による素晴らしい観測成果を紹介する。

展示物: 天体画像 約130点、図解パネル、関連映像  

■オリジナルコースタープレゼントキャンペーン
本展覧会の書籍・グッズを販売するナディッフ バイテン(東京都写真美術館2階)にて、写真集『138億光年 宇宙の旅』または写真集『ハッブル宇宙望遠鏡 探究と発見のまなざし EYES OF HUBBLE』(11月26日頃から発売予定)のいずれかをご購入のお客様にオリジナルコースター(全2種)を1枚プレゼントする。
※柄は選べない。
※数には限りがあるので、なくなり次第コースタープレゼントは終了となる。
※写真はイメージ。

■フジフイルム スクエア連動 オリジナルテンプレート・ポストカードプレゼントのお知らせ
「138億光年 宇宙の旅」会場(東京都写真美術館地下1階展示室)のフォトスポットで、スマートフォンで記念撮影して、そのデータを下記「ハッブル宇宙望遠鏡」会場(フジフイルム スクエア)に持って行くと、もれなくオリジナルテンプレートのポストカードにしてプレゼントする。(ただし、期間は展示中2020年11月27日〜12月17日、1枚/人、詳しくは会場で)

展示詳細
主催    クレヴィス
共催    公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
監修    渡部潤一(国立天文台 副台長)
特別協力  大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台
      富士フイルム株式会社
企画協力  岡本典明(サイエンスライター)
後援    目黒区

会期    2020年11月21日(土)〜2021年1月24日(日)
会場    東京都写真美術館 地下1階展示室 (恵比寿ガーデンプレイス内)

※展覧会は、やむを得ず中止・変更する場合がある。
 最新の情報はホームページで確認のこと。https://crevis.co.jp/topics/13/
※会場混雑時には入場を制限する場合がある。

開館時間 10時−18時  ※入館は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館、翌平日休館)
年末年始(12月29日(火)から1月1日(金・祝)は休館)
観覧料 一般1,000(800)円 / 学生800(640)円 / 中高生・65歳以上600(480)円

※( )内は20名以上の団体、当館の映画観賞券提示者、各種カード会員、目黒区在住の方(住まいの住所が分かるものをチケット販売カウンターにて提示)割引 / 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害を持っている人とその介護者は無料
※各種割引の併用はできない。

■「138億光年 宇宙の旅」詳細情報

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・待たせたな、驚異の2000kcalオーバー!3日間限定「NEW メガ盛パワー2000弁当」再来
・「鬼滅の刃」ショルダーバッグ!ACOS、全13種を発売
・1129円で、唐揚げ食べ放題+2時間飲み放題!Go To Eatのポイント付与終了後でもお得に飲食
・郵便局限定『鬼滅の刃』グッズ、オリジナル フレーム切手の販売開始
・10日間限定、冬の味覚を満喫!かっぱ寿司、本ずわい蟹を入荷

(引用元:livedoor news)