女子無駄でもおなじみだった西武バスが67年ぶりにデザインを変更、カラーリングの愛称は「S-tory(エス…

0

西武バスは、67年ぶりとなる同社路線バスのカラーリングデザイン決定した。同社のカラーリングは、他社と一線を画す配色を使用しており、人気アニメの女子無駄などでも、すぐに西武バスであるとわかる配色が特長だった。67年かけて定着してきたイメージを大きく刷新したのがポイントだ。

路線バスのカラーリングデザインについては、同社社員からなる「西武バスチャレンジプロジェクト」メンバーが、沿線にゆかりのあるプロダクトデザイナー畠 浩之氏監修のもと検討を進め、決定した。運行開始は2020年4月下旬〜5月上旬を予定している。車両は2020年度に約40両(3月末現在での導入予定)を導入。以降、車両代替に伴って導入される。

■「S-tory(エストリー)」について
新カラーリングデザインは、西武グループの一員である同社を想起させるコーポレートブランドカラーを基調としているほか、都心部から多摩・埼玉県西部に横へと広がる鉄道各線を縦に走る路線バスが結ぶ当社事業エリアの特長を生かし、縦横に伸びる交通網をイメージしたもので、デザインテーマを「地域と温かく共存し、お客さまを包み込むような衣(クロス)となりたい」とした。また、新デザイン車両には日頃の利用客への感謝の想いと、より親しみと愛着をもってもらえるよう、愛称を「S-tory(エストリー)」と名付けたとのこと。

この他、新デザインをシートモケット生地にも取り入れ、車内デザインのリニューアルを図ったほか、最新安全装置のEDSS(ドライバー異常時対応システム)の搭載により、快適性・安全性を向上している。

なお車両製造会社は三菱ふそうトラック・バス、ジェイ・バス。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・「LINE」利用動向に関するレポートを発表。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、グループコミュニケーションや「LINE NEWS」の利用が急増
・コロナ長期戦確定で在宅環境を充実化しよう!サンワサプライ、在宅勤務に最適な収納スペース付き折りたたみデスクを発売
・実戦用に造られた世界初の本物のエヴァンゲリオン!nanoblockから「キャラナノエヴァンゲリオン2号機」が登場
・地元から復興支援!会津発ベンチャー企業のシンクが新型コロナウイルス感染症で苦しむ飲食店・宿泊施設で利用できる「ふくしま先腹(ばら)い応援団」
・もうこれでいいんじゃないか!?ビーズから究極の俺だけのゲーム空間「ゲーミングベッド」登場

(引用元:livedoor news)