もうこれでいいんじゃないか!?ビーズから究極の俺だけのゲーム空間「ゲーミングベッド」登場

0

ビーズは、同社のゲーミング家具ブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」より、2020年2月に新製品を3点発売した。それらを用いて構築する『ゲーミングベッド』レイアウトを紹介しよう。

ゲーミングベッドは、「ベッドから出てデスクまで移動する、それだけのことがなぜこんなにも面倒なのか?」。そんな疑問を解決する究極のレイアウト。ゲーム、アニメ、食事、睡眠……。ゲーマーにとって特に重要なこれらの活動を、ベッドの上ですべて完結。布団に寝転がったまま、充実のゲーミングライフを満喫できる。ベッドとデスクをまとめることで、部屋を広く使えるようになる効果も。

ゲーミングベッドの構築方法だが、今使っているベッドに、バウヒュッテのゲーミング家具を組み合わせることで構築できる。求める機能・予算・部屋のサイズなどに合わせて、自由に作りこむことが可能だ。

『アルティメットゲーミングベッド』は、9つの家具と2つのウェアリングで構成。アイテムを減らしてコストカットしたり、製品を追加して機能性を高めたり、お好みでアレンジできる。

■ゲーミングベッドに最適な新製品
● ベッドデスク BHD-1200BD-BK
シングルベッドの足元に、ワイドモニターやデュアルモニターを設置できる。昇降機能つきで、高さ調節可能。
● ロングサイドテーブル BHT-800S-BK
キーボードなどデバイス類の設置に便利。電源タップを配せば、ベッド横の充電基地としても活用可能。
●ハンガーテーブル
起きてすぐ、ベッドの上で着替え完了。羽織は掛けて、小物類はボックスに入れてスッキリ収納。

■製品概要
●ベッドデスク BHD-1200BD-BK
【価格】オープン価格(税別参考:31,500円)
【URL】https://www.bauhutte.jp/product/bhd1200bd/

●ロングサイドテーブル BHT-800S-BK
【価格】オープン価格(税別参考:13,500円)
【URL】https://www.bauhutte.jp/product/bht800s/

●ハンガーテーブル BHT-830-BK
【価格】オープン価格(税別参考:24,750円)
【URL】https://www.bauhutte.jp/product/bht830/

■「ゲーミングベッド」レイアウト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・小学生以下なら一風堂の「お子様ラーメン」が無料!春休み・お子さま応援キャンペーンを実施
・N予備校が「Unity」を使った3D/2Dゲーム向けのプログラミングコースを新たに一般会員にも公開〜春休みにUnityをマスターせよ〜
・ベネッセはコロナ対策を全学年でサポート!「こどもちゃれんじ」が遠隔でも幼稚園にいるような生活が送れる「オンライン幼稚園」を新規開園
・スマホやPCから専門医に相談できる!東大病院18診療科でオンライン診療システム「CLINICS」を活用したオンライン・セカンドオピニオン外来を開始
・新型コロナウイルスでライブ中止ならライブ配信で盛り上がれ!イープラスがアーティストらに向けたライブ配信サービスの提供を開始

(引用元:livedoor news)