コロナ感染防止のためにリモートワークを始めたい企業向けにソフトイーサがシンクライアント型リモート…

0

ソフトイーサは、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念を受け、感染リスクの低減を目的としたテレワークをサポートするために、シンクライアント型リモートデスクトップサービス「DesktopVPN」の無償開放を2020年4月30日まで実施する。

■会社のPCに外部から安全に接続し自宅で作業が行える
本サービスを使用すると、会社に設置したPCの電源を入れておくだけで、新型コロナウイルス等の感染のリスクを負って出勤することなく、自宅のPCから会社のPCの画面に接続して、安全・簡単に操作を行うことができる。

これまで、テレワークの導入には会社の情報システム部門による設備投資などの決定が必要となることが一般的だった。しかし、DesktopVPNでは、導入コストや準備期間がほとんど必要なく、社内PCの利用者が自らDesktopVPNサーバーをPCにインストールするだけで導入が完了する。また、PCの管理者権限(Administrators権限)がない場合でもインストールが可能だ。

また、DesktopVPNはシンクライアント型の遠隔操作サービス。ファイアーウォールの内部のPCにアクセスできるが、画面上でデータを操作するだけでは、操作・編集対象のファイルは伝送されないので、不用意な情報漏洩の可能性が低く、安心して活用できるとしている。

無償開放期間ではユーザー登録等は不要。なお、万一通信が混雑した場合は、本サービスの正規契約者のお客様の通信を優先して取り扱う場合があるとのことだ。

■「DesktopVPNサーバー/クラインアント」ダウンロードサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■上海問屋に関連した記事を読む
・アプリで欲しい商品の位置検索が手軽にできる!東急ハンズが店内で商品がすぐに見つけられるサービスの実証実験を開始!
・新型コロナウイルスが就活にも大きく影響!USEN-NEXT HOLDINGが新卒採用ですべての選考プロセスをオンライン面接で実施すると発表
・まずは大手町から!クックパッドマートで買った商品を東京メトロの駅構内で受け取れる生鮮宅配ボックス「マートステーション」登場
・急なPC作業や誰かに見られたら困る重要データの確認などに超便利!東京メトロ駅構内で個室型ワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」
・高級靴磨き店「Brift H」のように魅力あるオリジナルサービスを組み込めるバリューデザインの”ハウスプリペイドカード”

(引用元:livedoor news)