リフレッシュレート360Hzで従来ディスプレイに対して実に6倍速!NVIDIAとASUSがCES2020にてeスポーツ向…

0

NVIDIA とASUSは、今週ラスベガスで開催されるコンシューマー エレクトロニクス ショー(CES)において、世界初のG-SYNC 360Hz ディスプレイを公開する。今年発売予定のこのディスプレイは、ゲーミングGPUであるGeForce RTXと完璧な相性を持ち、対戦ゲームの体験を比類なきレベルに高めるとしている。

2013 年に初めて投入された NVIDIA G-SYNCは、ディスプレイのリフレッシュレートとGPUのフレーム レートを同期させることでテアリングをなくす、可変リフレッシュレート(VRR)テクノロジでよく知られている。それ以降、G-SYNC プロセッサが、プレイヤーの知覚を向上させるダイナミック オーバードライブ、画質の向上によってターゲットをより正確に狙えるようにするカスタム調整が可能なファームウェア、および反応時間を短縮できる今回の360Hzのリフレッシュ レートといった、eスポーツの映像品質を加速させる新しいディスプレイ テクノロジを発展してきた。

eスポーツのプロはこれまで、次のフレームがアップデートされるまでの待機時間を削減するために、ディスプレイでのフレームのテアリングを受け入れてきたが、G-SYNC の 360Hz のフレーム レートと VRR により、フレームが 3 ミリ秒以内にリフレッシュされるようになるため、e スポーツのプロはテアリングのないフレームと圧倒的に低いレイテンシの両方を得られるようになるという。

NVIDIA と共同で開発されたASUS ROG Swift 360 は e スポーツでの競技向けに設計されており、視野内で画面に映るすべてのピクセルを確認できる 24.5 インチのフォームファクターを特徴としている。ASUS ROG Swift 360 は、ASUS の新しいスマートなROG 仕上げが特徴で、あらゆる e スポーツ イベントの大舞台でも安心してプレイでき、以下の機能を備えている。

■NVIDIA

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■パソコンに関連した記事を読む
・小さくてもパワフル!アスクからGeForce RTX 2070を搭載するZOTAC製の省スペースモデル「MAGNUS EN72070V with Windows 10」登場
・ベンキュージャパン、HDR10対応 IPSパネル・高音質スピーカー搭載でゲームも映画も楽しめる27型フルHDアイケアモニター「EW2780」を発売・ポータブル外付けSSDの最右翼が登場!コスパに優れる爆速SSD「Crucial X8 Portable SSD」を試す!読者プレゼントもあるよ!
・デルから5万円台のコスパに優れる薄型スリム14インチノートが爆誕!第2世代AMD Ryzen搭載の「New Inspiron 14 5000(5485/AMD)」
・マウスコンピューター、Ryzen 5 3500Uを採用した軽量、長時間、スリムな15.6型ノート発売

(引用元:livedoor news)