ネットオークションやインスタ映えする小物撮影などに大活躍!小物をオシャレに撮れる小型撮影ボックス

0

上海問屋は、ネットオークションに出店する小物などをスタジオ仕様で撮れる小型撮影ボックスを発売した。価格は1,280円(税別)。

本製品は、スタジオ撮影風の綺麗なブツ撮りを簡単に行える、とてもコンパクトな撮影ボックス。天面に円形に並んだ調光可能なLEDライトを搭載しており、簡単に被写体へのライティングができる。

天板が開く形状で、正面からも真上からでも撮影可能。明るさ、色温度の調節もでき、明るさは10段階、色温度は、昼光色、昼白色、電球色に切り替えができる。バックスクリーンは6色付属している。

サイズは縦23cm、横22cm、高さ24cm。コンパクトで撮影時も場所をとりません。小型のフィギュアやプラモ、ハンドメイド作品などの撮影用におすすめだ。

■製品仕様
商品サイズ・・・・・・約23cm(縦) × 約22cm(横) × 約24cm(高さ)
電源・・・・・・・・・USB(5V)※2A推奨(QuickChargeのUSB-ACアダプタは非対応)
明るさ・・・・・・・・24〜26lm
色温度・・・・・・・・3200K/5000K/6500K
重さ・・・・・・・・・約217g(本体のみ重量)
材質・・・・・・・・・ポリ塩化ビニル
付属品・・・・・・・・バックスクリーン6種、収納ケース

円形LED搭載 小型撮影ボックス

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・年末年始はヒーロー&戦隊モノ三昧!ニコ生で「仮面ライダー電王」「侍戦隊シンケンジャー」「バトルフィーバーJ」など特撮ものを無料一挙放送
・令和初開催!日本発のプログラミング言語「Ruby」を上手に活用し新たな価値を創造した人や団体を表彰する「Ruby biz Grand prix 2019」を開催
・500タイトルを遊び放題!「GeForce NOW Powered by SoftBank」のベータ版サービスを開始!
・三菱自動車×蔦屋家電!アウトドアに家電製品を導入し、贅沢なキャンプを楽しむライフスタイル「電気CAMP」を提案
・Ginza Sony Parkの実験的プログラム第12弾!人とロボティクスの明るい未来を提案する「#012 Affinity in Autonomy <共生するロボティクス>」オープン

(引用元:livedoor news)