タッチパネルで注文から決済まで利用者が操作!モスバーガーでフルセルフレジをテスト導入

0

モスフードサービスは、無人のレジで利用者に注文・会計をしてもらう「フルセルフレジ」のテスト導入を開始すると発表した。まずは12月3日(火)より「モスバーガー秋葉原末広町店」、12月10日(火)には「モスバーガー十日市場駅前店」にてスタートする。2020年3月ごろまでに約20店舗へとテスト導入を拡大する計画だ。

■無人のフルレジ導入で人手不足を解消!
近年、少子高齢化の影響などにより、さまざまな業界において慢性的な人手不足が課題となり、店舗運営の効率化がますます必要となってきている。同社では2018年11月に一部店舗において、利用者自身が会計をするセミセルフレジの導入を開始するなど、店舗運営の改善に取り組んできたとのこと。セミセルフレジ導入によって都市型店舗では売上高が15%以上向上するなど、一定の成果が出ているという。

今回導入するフルセルフレジは、タッチパネル形式で注文から会計まで利用者が操作するタイプのものだ。2店舗でのテスト導入後、立地や店舗の状況を踏まえ、順次導入店舗を拡大していく予定だ。

すでに海外の一部ファストフード(マクドナルドや吉野家等)では、フルセルフレジの導入が進んでおり、大きなタッチパネルと現金投入口、クレジットカードの挿入口で構成されたフルセルフレジを見たことや、実際に利用したという人もいるだろう。

なお、モスカードなどのプリペイド系や楽天EdyやSUICAなどの交通系ICカードには、2020年の1月以降に対応予定となっており、利用したい場合は有人レジでの対応となる点に注意。

■モスフードサービス

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter

■ITライフハック Facebook
■カルチャーに関連した記事を読む
・ドラえもん50年の歴史で初! 世界初のオフィシャルショップ「ドラえもん未来デパート」がお台場にオープン

・令和元年のネットでどんな単語が一番流行した?ニコニコ大百科・ピクシブ百科事典の共同企画『ネット流行語100』で2019年にネットで流行った100単語を公開
・山手線でアプリを使ってトレーニング!マッキャンヘルスとJR東日本が電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」を開発
・広島の海の幸を味わい尽くす!三原・竹原・廿日市・尾道を訪ねてきた(後編)
・中国で正式に認められた抗がん剤「フアイア(顆粒)」の国内承認を目指す「フアイア」記者会見&セミナーレポート発売

(引用元:livedoor news)