火星大接近を楽しむグッズ!TOCOLから惑星観察用バージョンアップユニット「PalPANDA UD PLANETS」のア…

20

TOCOLは、天文専門誌「星ナビ」を発刊するアストロアーツの特別限定版として「PalPANDA UD PLANETS フルセット」を発売した。価格は9,990円(税込)。

■惑星観測向けのオールインワンセット
同製品は「PalPANDA UD」に「PLANETS(大型タブレットボード付き)」と「PalBeans」をセットにしたオールインワンパッケージ。

新開発の収差を補正した「4倍アクロマートバローレンズ(7層マルチコーティング)」、像面を平坦にする「フィールドフラットナーレンズ(7層マルチコーティング)」によって、惑星や月面のクレータをよりシャープに映し出すことが可能だ。

■光学倍率は約150倍
PalPANDAシリーズは有効口径38mmと小さいがバローレンズを付けると光学倍率で約150倍にもなる。

一般的には口径(mm)の2倍くらいの倍率が限界倍率となり、これ以上の倍率を出しても意味がない(過剰倍率)とほとんどの入門書に記載されているが、同天体望遠鏡にスマホやタブレットを取り付けて撮影された実写動画を見るとその実力に驚かされる。

iPadで撮影された本動画には、火星の南極冠、木星の大赤斑、土星と輪に映る本体の影が映し出されている。

15年ぶりに大接近している火星は9月上旬までひときわ明るく大きく見える。この絶好のチャンスにスマホやタブレットで火星動画を撮影してみてはいかがだろうか。

■スマホ天体望遠鏡公式サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・「天才」「多動力」など人気作品15タイトルがamazon Audibleで一挙配信開始
・LINEから自分で1円単位で金額を指定して購入できる「バリアブルカード」登場
・バーチャルタレントの富士葵が「ニコニコ超パーティー2018」に出演
・男性の美容意識を調査。外見の悩みは?スキンケア用品、美容系サービスは利用している?(マクロミル調べ)
・マルちゃん「赤いきつね」が40周年で新CM「発売40周年篇」を好評放映中

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.