火起こし不要!10秒で「キャンプファイヤー」!一瞬で着火&消火できる「持ち運べる焚き火」

20

スマートライフ研究所は2018年7月30日、缶を開けて点火すればすぐに焚き火が始まり、フタを閉めることで消火し即撤収ができる、におわない・風が吹いても消えない、どこででもキャンプファイヤーが楽しめる「持ち運べる焚き火」【炎の缶詰】を、クラウドファンディングサービスにて出資募集開始した。

期間は7月26日(木)〜8月30日(木)。Makuake支援価格は4,170円(税込)から。販売予定価格はノーマルタイプが4,980円(税込)、虫よけタイプが5,480円(税込)。

■準備不要で手軽に着火
【炎の缶詰】は準備に時間をかけることなく、缶を開けて燃料に引火すれば、すぐにキャンプファイヤーを始めることができる。一瞬で着火できるほか煙がほとんど出ないので、目が痛くなったり匂いがついたりしない、火がパチパチはじけない、水分が非常に少ないので、湿気による不完全燃焼(煙)、および水蒸気爆発(火花)が起こりにくいといった特徴を持つ。

また強風が吹いても消えないほか、火を消す際は、フタを閉めるだけ。火を消した後、また再利用ができる。燃焼時間は、約4〜5時間。

【炎の缶詰】には、においのない「ノーマルタイプ」と、ユーカリオイルを含んだ「虫よけタイプ」の2種類を用意。「虫よけタイプ」には、天然のユーカリ・レモン・大豆油を配合しており、虫除けとしての効果があるとのことだ。

■出資募集サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■アウトドアに関連した記事を読む
・アウトドアに!屋外フェスに!あると便利な「アウトドアグッズ」売れ筋商品紹介
・スノーピークとの共同開発商品第4弾「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」
・アウトドアで大活躍するUSB充電式のコンパクトエアポンプ
・湘南アロハフェス supported by 「HONEY」 「Blue.」でVRとキャンピングカーを体験
・BBQやキャンプ利用に最適!軽量・コンパクトで手軽に持ち運べる「折り畳み式アルミフレームテーブル」

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.