東京ゲームショウ2018「インディーゲームコーナー<タイプA>」および「SENSE OF WONDER NIGHT」の募集…

20

東京ゲームショウ2018は、インディペンデントゲーム開発者を支援する2つの企画を実施することを決定し、それぞれの募集受付を開始した。

1つは「インディーゲームコーナー<タイプA>」に無料で出展できる企画、もう1つの企画はその<タイプA>出展社の中から特に優れたゲームアイデアを選ぶコンテスト「SENSE OFWONDER NIGHT 2018(センス・オブ・ワンダー ナイト 2018/以下、SOWN2018)」だ。

2013年に新設した「インディーゲームコーナー<タイプA>」は、選考にて選ばれた作品を無料で展示する企画で、毎回、新たなインディーゲームを求める業界関係者やゲームユーザーが多数訪れている。TGS2017では332件(40カ国・地域)の応募があり、選考の結果、18カ国・地域の64の開発者が<タイプA>の出展者として参加した。

一方のSOWNは、“誰もがはっと、自分の世界が何か変わるような感覚”=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすゲームのアイデアをプレゼンテーションする企画で、2008年にスタートした。当初は単独で実施してきた企画でしたが、2017年から「インディーゲームコーナー<タイプA>」出展者の中から選ばれた開発者をSOWNファイナリストとし、ゲームアイデアを発表する機会を与える企画となった。TGS2017では8組の開発者がSOWNファイナリストとしてステージに登壇した。

この2つの企画に対して、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)がスペシャルスポンサーとして、インディペンデントゲーム開発者を支援することを決定した。作品が選出された出展者は「インディーゲームコーナー<タイプA>」にて無料で出展できるようになる。同じくSOWN2018についてもSIEが協賛する。また、この2つの企画は国際ゲーム開発者協会日本(略称:IGDA日本)の協力を得て実施する。

■東京ゲームショウ公式サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・ハースストーン 新カードパック「妖の森ウィッチウッド」発表会を開催
・バーチャルYouTuber富士葵の“New★葵ちゃん”が4月27日にデビュー
・江戸東京博物館がリニューアル!記念に「EDO→TOKYO VISION」イベントを開催
・西日本最大級のマンガ・アニメのイベント「京都国際マンガ・アニメフェア2018」の開催が決定
・みやぞんが作ったダイドーの「ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング」CMソング「Only ぷるぷる」のMVが公開中

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.