ダレノガレ明美がネットに広がるデマを警察に相談した結果

0

8日深夜放送の「NEWSな2人」(TBS系)で、モデルのダレノガレ明美が、自身に関するデマ被害を警察に相談した過去を振り返った。

番組では「芸能人VS法律のグレーゾーン」と題し、若手弁護士とゲストの芸能人が誹謗中傷に関する法律問題などを徹底討論。

議題のひとつとして、「リツートしただけで犯罪に?SNSに潜むグレーン」が話題にあがった。ユーザーが他人のツイートを引用して拡散できるTwitterの機能「リツイート」を利用した問題点が紹介されたのだ。

特に不正確な情報などを、リツイートで拡散する行為の是非を議論していく中で、ダレノガレが「1回相談したことあるんですよ、警察に」と自身の体験談を明かした。

ダレノガレによると、「私がデリヘル嬢だったっていう…」偽の情報を流され、ネット上で広まってしまったのだとか。そこでダレノガレは、電話で警察に「一応芸能活動とかしてるんですけど、こういうのってどうにかなるんですかね?」と問い合わせをしたのだそう。だが警察からは「今は何もできることがありません」と返答され、対応が難しい現状を説明していた。

【関連記事】
・ダレノガレ明美が男性に探偵をつけた過去「怪しいなと思ったら」
・ダレノガレ明美 過去にモーニング娘。のオーディションに応募するも落選
・ダレノガレ明美 芸能人の元彼と破局したきっかけの「事件」を告白

(引用元:livedoor news)