堀江貴文氏 熊本市議の子連れ議場入りに痛烈「どうせパフォーマンス」

0

26日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)で、堀江貴文氏が、熊本市議会議員による子連れでの議場入りに、痛烈な指摘をした。

番組では「”赤ちゃん連れ”議員に賛否の声」と題し、熊本市議会で22日に起こった騒動を取り上げた。生後7カ月の長男と議場入りした緒方夕佳市議に、市議会側は「いかなる理由でも議員以外は議場に入ることはできない」と説明。緒方市議が友人に長男を預けるまで本会議の開会が40分遅れた。

番組ナレーションは、緒方市議が議会事務局側に「赤ちゃん連れ」を相談していたが、前向きな回答が得られなかったため強行したと経緯を説明している。

スタジオでは、緒方市議の行動の是非を議論。爆笑問題の田中裕二に意見を求められると、堀江氏は「別にいいんじゃないですか? どうせ、パフォーマンスだから、これ」と、子連れは緒方市議の「パフォーマンス」だと痛烈なコメントをしたのだ。

田中からパフォーマンスとしての成果を聞かれると、堀江氏は「熊本市議会でこんな話題になるってすごくないですか?」と、緒方市議の行動を評価していた。

【関連記事】
・堀江貴文氏 井筒和幸監督の評論を真っ向否定「大っ嫌い」「人間として最低」
・堀江貴文氏 不祥事が相次いで発覚する日本企業に指摘「まだ氷山の一角」
・堀江貴文氏が保育士は「誰でもできる仕事」「コンビニの仕事と同じ」と断言

(引用元:livedoor news)