麒麟・田村裕 父親の死をテレビ初告白「最後は幸せやったと思います」

0

23日深夜放送の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)で、麒麟の田村裕が、自身の父親の死をテレビで初告白した。

番組では、田村がゲストで登場し、子ども時代の貧乏生活を明かしていた。田村の家は元々借金を抱えており、母親が少しずつ返していたという。しかし、その母親も病で亡くなった後、手付かずとなった借金は膨らみ続けた。

田村が中学2年の頃、自宅はとうとう差し押さえられ、父親は「これからは各々頑張って生きてください」と、家族の「解散」を宣言したそう。家を失った田村は野宿をしいられ、空腹からダンボールをかじる程の極貧生活を送ったという。当時を綴った「ホームレス中学生」(ワニブックス)が225万部の大ベストセラーとなったことは記憶に新しい。

「家族解散」後の父親について、田村は「ホンマにどこにも言ってなくて、ホンマに誰も聞いてくれなくて、言うところがなかった」と、テレビ初告白と断った上で、2015年に他界したことを明かしたのだ。相方・川島明が結婚したり、麒麟がいい雰囲気だった時期の出来事であり、その死を明かすことがはばかられたという。

田村は「浮き沈みが激しかったけど、最後は幸せやったと思います」と、父親の人生を総括し、「長生きして欲しかった」と漏らしていた。

【関連記事】
・麒麟の田村裕が遊園地ロケで一般人の一言にマジギレして怒声をあげた過去
・麒麟・田村裕が「ホームレス中学生」の続編を断念した意外な理由を語る
・麒麟・田村裕「ホームレス中学生」大ヒット後の行いに拍手

(引用元:livedoor news)