“嗅ぐ”アート!? 3日間だけのフォトジェニックな体験型イベント

0

衣料用柔軟仕上げ剤ブランド「フレア フレグランス」は、全5種の香りそれぞれの世界観を表現したアート展「MUSEUM OF FRAGRANCE」を、東京・表参道ヒルズ/スペース[0:](オー)で開催します。日程は2019年3月15日(金)から3月17日(日)の3日間。 

会場には、話題のアーティスト5組によって、それぞれの香りを五感で楽しめるスペースが5つ用意されています。中でも、「ヴェルベットフラワー」の香りをプロジェクションマッピングで表現した「NAKED」のブースは、石原さとみさん出演の新CMの世界そのままの、フォトジェニックな空間。「ここどこ?」と注目されるような一枚が撮れそうです。

各ブースには、持ち帰り可能な“香り付きのしおり”の用意も。さらに体験を終えると、お気に入りの香りのフレア フレグランスが1本、プレゼントされちゃいます(先着順、数量限定)。

香りを全身で感じる新感覚のイベントで、お気に入りの香りを見つけてみては。

■「MUSEUM OF FRAGRANCE」
日程:2019年3月15日(金)〜3月17日(日)
住所:表参道ヒルズ/スペース[0:](オー)
   東京都渋谷区神宮前4丁目12番10号
時間:11:00〜19:00  
入場無料

■参加アーティスト

NAKED(表現した香り:ヴェルベットフラワー)
プロジェクションマッピングを始めとした様々な技術や美術造作、演出を組み合わせ、光を使った空間の総合演出を手がけている。現在、自社が企画・演出・制作を手がけたイベントやショーは通算250万人以上を動員している。


とんだ林蘭(表現した香り:ドレッシーベリー)
コラージュ、イラスト、ぺインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて、猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現で作品を制作している。あいみょんなどの音楽アーティストや、アニエスベーといったファッションブランドにも作品を提供。


YAR(表現した香り:フローラルスウィート)
ロンドン、ベルリンなど海外でもエキシビジョンを開催する、世界で活躍するクリエイティブスタジオ。アートディレクションとグラフィックデザインを軸に、映像、WEB、プロップ製作、空間演出、内装デザインなど、各方面のスペシャリストが集まる。


河野未彩(表現した香り:フラワーハーモニー)
グラフィックデザイン/映像/プロダクトを媒体とし、さまざまな素材を使った作品を制作している視覚ディレクター。水曜日のカンパネラから加山雄三まで、幅広いミュージシャンたちのビジュアル制作も行う。


MOTTY(表現した香り:ジェントルブーケ)
中毒性のある色使い、エッジーでシュールな表現を得意とする。音楽、ファッション、カルチャーを軸に表現を行い、広告、CDジャケット、カタログ、映像監修、Coachグローバルのアートワーク制作、 LOVELESSとのコラボ商品開発など、幅広く活動中。

(引用元:livedoor news)