おうちで簡単エクササイズ! 門脇妃斗未さんに聞いた“ヘルシー美人”の作り方

20

メリハリがある、健康的なボディは、多くの女子の憧れですよね。そんな“ヘルシー美人”なスタイルを手に入れるためには、適量の水分をとりながら、日常の中に運動を取り入れることが大切なのだとか! 

そんな悩める女子を代表して、インスタグラマーのMAAMI(まあみ)さんこと、長谷川真美さんが、パーソナルトレーナーの門脇妃斗未さんに、ヘルシー美人の作り方を教えてもらいました☆

門脇さんは、自身の経験をもとに、これまで1000人以上の肉体改造をサポートしてきたそうです。そんな門脇さんが考える“ヘルシー美人”とは?

ポイントは「1日5分」のエクササイズ

門脇:日常生活の中で、軽いエクササイズを当たり前にすること。どうしても食事制限に頼る方が多いんですが、筋肉が落ち代謝が下がるので逆に太りやすい体になってしまうことも。削ぎ落とすのではなく、良いものを取り入れてボディメイキングするのが大切。自然なかたちで美を保てると良いですね。

長谷川:でも、エクササイズって“当たり前”にするのが難しいですよね。私は運動が苦手なほうなので、ハードなものだとなかなか続きません…。習慣化させるテクニックなどがあれば、知りたいです!

門脇:たとえば歯磨きをしながら…など、日常で必ず行うことの中に、エクササイズをプラスしてみると習慣にしやすいです。通勤時間を使うのもいいですよね。できるだけ階段を使うとか。ひとつひとつの実践計画を小さく、地道にやっていくほうがいいと思います。

長谷川:がんばって歩く時間を増やしたり、ランニングやヨガなどはしているのですが、それだけで運動量が足りているのか心配です。

門脇:一番いいのは、筋肉を維持すること。ある程度しっかりと筋肉があれば、ウォーキング程度でも維持できます。でも筋肉が衰えている場合は、まずはトレーニングで筋肉を作る必要があります。1日5分程度でいいので、筋肉を強化するエクササイズから始めたほうがいいかもしれません。

長谷川:5分でいいんですか!?

門脇:十分です。パーツ別に、体の一か所一か所に集中してやってみてください。後ほどやり方をお教えします。

長谷川:先生ご自身も、とってもヘルシー美人だと思います。その美ボディを維持するために、何かモチベーションをあげる努力などはされているのですか?

門脇:コンプレックスのある部分を自分で褒めるようにしています。たとえば脚が太いことがコンプレックスだったら、その部位にネガティブな感情を持つ方が多いと思うんです。実際、私もそうでした。

逆に“うわぁ〜、立派な脚だね、キレイだね”みたいに、コンプレックスのある部位を褒めてみてください。そこをチャームポイントにしちゃうんです。ただ痩せるのではなく、コンプレックスのある部位が一番美しく見えるように、他の部位をボディメイクしていくような感覚が大事だと思います。

“ちょっとした隙間時間”でもできるエクササイズをご紹介

お家のソファや椅子で簡単にできるエクササイズを、門脇先生に伝授していただきました! “二の腕”、“お腹”、“脚”にお悩みを持つPeachy読者は少なくないはず。ぜひトライしてみてくださいね☆

【01】“二の腕”を美しくするエクササイズ

両手を椅子に置き、かかとを床に90度につけ、胸を張ってお尻を椅子につけた状態で腕を上下に動かします。

1セット10回として、20〜30秒の休憩をはさんで×3〜4セット。

【02】“ぽっこりお腹”を美しくするエクササイズ

椅子に浅めに座り、お腹をヘコませながら両脚を前に出し(かかとは直角に!)、自転車を漕ぐような感じで脚を回します。同時に、両手を組み、脚の動きに合わせて左右に肩を前に出すように上半身をひねりましょう。

1セット30ひねりとして、20〜30秒の休憩をはさんで×3セット。

【03】“美脚”を手に入れるエクササイズ

片脚を後ろに引き、椅子に乗せます。腕を組んで胸を張り、そのまま反対の脚を上下に曲げましょう。

1セット15回として、左右それぞれ×3セット。

どれも5分程度で完了するエクササイズでしたが、各部位にダイレクトに効いている感じでした。これは、眠った筋肉がよみがえりそうです。長谷川さんも笑顔で歯を食いしばりながら、挑んでいました!

「筋肉を動かしている感覚がリアルにあって、かなりパンチのあるエクササイズでした(笑)。でも、ちょっとした隙間時間や、何か他のことをやりながらでもできそうです!」(長谷川さん)

エクササイズの後は、爽健美茶でひといき。すっきりごくごく飲みやすいおいしさで、運動の合間や運動の後にもピッタリなお茶です。

「水分は1日2.5リットル程度取るのが理想的。でも、その全部をお水で摂取するのは、なんか味気ないですよね。なので、爽健美茶のような、植物素材の澄みきった香ばしい香りと後味の良いやさしいブレンド茶は、とても理想的です」(門脇さん)

体の水分量を保つことは、代謝を保つための重要なポイント。ミネラル豊富なフルーツや海藻とともに、たっぷりの水分をこまめに摂ることが、老廃物を溜めない体づくりには大切だと言います。

「運動効果を上げるためには、たっぷりの水分補給が欠かせません。特に運動後は、発汗や呼吸で知らないうちに水分が放出されています。利尿作用が少なく、しっかりと体内を潤してくれるカフェインゼロのお茶がオススメですよ」(門脇さん)

爽健美茶でたっぷりと水分補給をしながら、あなたも、“ヘルシー美人”を目指してみませんか?

―爽健美茶(そうけんびちゃ)

[PR企画:日本コカ・コーラ × Peachy]

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.