「普通の公立とは違う」梅宮アンナが泰明小の“アルマーニ制服”に理解

20

12日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、タレントの梅宮アンナが、東京・中央区立泰明小学校の「アルマーニ制服」に理解を示していた。

番組のコーナーでは「夕刊フジ」の記事を話題に取り上げた。泰明小がイタリアの高級ブランド「アルマーニ」を標準服に導入することに、作家の百田尚樹氏が苦言を呈したという。

同校の和田利次校長は記者会見で、学校がある銀座の街の特色を「学校の中にも持ち込めないかと思った」と、標準服にアルマーニを導入する理由を語った。しかし、保護者からは批判が殺到しているというのだ。

さまざまな意見が出演者から出る中、梅宮は「アルマーニ大好きです、私」と前置きし、「(泰明小は)すごく有名だし、その場所にあるからアルマーニってなったと思う」と主張した。

同校の前を頻繁に通るという梅宮は「すばらしい(学校)」「そこに入りたい人はいっぱいいるし。普通の公立とはちょっと違う…」と、同校の意向に理解を示したのだった。

【関連記事】
・「こんなの親の自己満足」土田晃之がアルマーニ標準服に痛烈批判
・「地元業者と関係があったんじゃないか」番組で“アルマーニ標準服”に疑問続出
・「本物は海外で遊ぶ」梅宮アンナがイマドキの“港区女子”に痛烈

(引用元:livedoor news)