「門戸を開かないといけない」唐沢寿明が番宣なしでバラエティー番組に出演する真意

20

3日放送の「出川哲朗の充電させてもらえませんか? スペシャル」(テレビ東京系)で、俳優の唐沢寿明が、俳優業の今後に持論を語った。

この日の番組は、放送時間を拡大した特別編。お笑いタレントの出川哲朗が沖縄県の古宇利島(こうりじま)から世界文化遺産の斎場御嶽(せいふぁーうたき)まで、電動スクーターで目指した。

番組冒頭で出川が、ゲストとして唐沢が出演することを紹介。お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之が唐沢と出川をつなぎ、唐沢が電話で「出演したい」と直接言ってきたというのだ

そして唐沢が登場し、出川と斎場御嶽へ。その道中、出川が笑顔で「何がうれしいって、唐沢さんがコレ(同番組)番宣抜きで出てるってありえないでしょ!」と喜びの声を上げた。

出川の言葉に、唐沢は「他の俳優が(ドラマや映画以外にも)いろいろ出やすいように、門戸をやっぱ開かないといけないから」と出演した真意を説明。続けて、今後の俳優業について「番宣だから出るとか出ないとか言ってるヤツは、もうダメですよ」と持論を述べたのだ。

唐沢の持論に、出川が弾んだ声で「カッコいい! カッコいいですね!」と声を上げる。番組側も頭を下げたマスコットキャラクターと「ありがとうございます」というテロップを出し、番宣がなくとも出演した唐沢に感謝を示していた。

【関連記事】
・加藤浩次「スッキリ!!」に番宣目的のゲストが来たときの仕草 山里亮太が暴露
・有吉弘行が「PON!」番宣でグダグダの大失態 ろくにPRできずに終わる
・東野幸治が視聴者の「番宣なんかいらん」という本音を紹介

(引用元:livedoor news)