ワイモバイルとUQ mobileが最新4.7インチスマホ「iPhone SE(第2世代)」を8月27日に発売!価格は3万960…

0

iPhone SE(第2世代)が早くもY!mobileとUQモバイルから登場!


ソフトバンクとウィルコム沖縄は21日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」の新商品としてApple製の4.7インチスマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第2世代)」(型番:A2296)を2020年8月27日(木)に発売すると発表しています。ワイモバイルでは64GBのブラックおよびホワイト、(PRODUCT) REDの3色を取り扱うとのこと。

またUQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は21日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において同じく新商品としてiPhone SE(第2世代)を8月27日に発売すると発表しています。UQ mobileでは64GBおよび128GBの各モデルのブラックおよびホワイト、(PRODUCT) REDの3色を取り扱います。

価格(金額はすべて税込)はワイモバイルでは本体価格57,600円(分割1,600円/月×36回または2,400円/月×24回)で、公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」においては最大18,000円の割引が適用されて39,600円からとなっています。なお、ワイモバイルオンラインストアでは契約事務手数料が無料になるキャンペーンを実施中です。

一方、UQ mobileでは公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」において64GBが35,640円(分割1,485円/月×24回または990円/月×36回)、128GBが47,520円(分割1,980円/月×24回または1,320円/月×36回)となるということです。UQ mobileオンラインショップでは契約事務手数料3,300円が必要。

iPhone SE(第2世代)は名称こそ4.0インチサイズの「iPhone SE」となっていますが、実質的には4.7インチサイズの「iPhone 8」の後継機種で、iPhone 8からSoC強化やカメラ画質向上、eSIM対応などが行われています。

サイズや質量はiPhone 8と同じで、サイズは約138.4×67.3×7.3mm、質量は約148g、本体カラーは前面の画面周り(ベゼル)が各色ともに黒で統一されており、背面はBlackおよびWhite、(PRODUCT)REDの3色展開。ディスプレイの下に指紋認証「Touch ID」を兼ねたホームキーを搭載しています。

防水(IPX5およびIPX7準拠)および防塵(IP6X準拠)に対応し、決済サービス「Apple Pay」(FeliCa)にも対応し、約1200万画素CMOS/広角レンズ(F1.8、6P)のリアカメラや約700万画素CMOS/広角レンズ(F2.2)のフロントカメラを搭載。その他の製品情報については以下の記事をご覧ください。

・Apple、4.7インチスマホ「iPhone SE(第2世代)」を発表!4月24日発売、4月17日予約開始で、価格は4万9280円から – S-MAX
・ドコモオンラインショップで「iPhone SE(第2世代)」の購入手続きが開始!AppleCare+を選択するとエラーに。購入後に加入は可能 – S-MAX

これまではiPhone SE(第2世代)を日本国内で販売しているのがNTTドコモやau、SoftBankといった移動体通信事業者(MNO)に加え、SIMフリー版をAppleが直営店や公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および専用アプリ「Apple Store」)と一部量販店のみでしたが、新たにワイモバイルとUQ mobileが販売開始します。

取扱拠点/価格 64GB 128GB 256GB
Y!mobile 39,600円〜
UQ mobile 35,640円 47,520円
Apple 49,280円 54,780円 66,880円
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・iPhone SE(第2世代) 関連記事一覧 – S-MAX
・“ワイモバイル”、Appleの最新のiPhoneである「iPhone SE」を発売 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
・UQ mobile、新しいiPhone SEの発売について | 【公式】UQコミュニケーションズ

(引用元:livedoor news)