NTTドコモ、富士通の新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!コンクリート落下で画面割れしないタフネス性…

20

docomoが新スマホ「arrows NX F-01K」を発表!12月上旬発売


NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した富士通ブランドのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2017年12月上旬を予定し、本日10月18日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は本体代金が88,128円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更なら38,232円、他社から乗り換え(MNP)なら26,568円。

およそ1年ぶりの富士通のフラッグシップスマホ「arrows NX」シリーズの最新モデルで、新たに構成認証だけでなく、指紋認証に対応し、さらになぞって操作するセンサーキー「Exlider」を搭載してより使いやすくなりました。また基本性能も内蔵メモリー(RAM)が前機種「arrows NX F-02H」の3GBから4GBに増量され、より快適に操作できるようになっています。

さらに注力してきたタフネス性能も継承し、画面割れに強く傷つきにくい構造ながら美しいデザインを保ち、1.5mの高さからコンクリートに落としても画面が割れにくい耐衝撃性能などの各耐性試験をクリアし、安心して長期間使えるようになっています。

arrows NX F-01Kは富士通のNTTドコモ向けフラッグシップスマホの最新機種で、性能的にはミッドレンジからミッドハイレンジクラスではありますが、タフネス性能とユーザーエクスペリエンス(UX)を高めた安心・安全に使えるモデルとなっています。

新たに搭載されたExliderは、本体側面にある電源キーを指でなぞるだけで、Webページや電子書籍、ドキュメントなどの小さい文字を自分にぴったりのサイズに自由自在に調節できる新センサー入力デバイスです。

またExliderをなぞって止めるだけで、ニュースやSNS、アルバムの写真一覧など、縦長のコンテンツをスマートに閲覧可能なほか、カメラのズームも行えるなど、指1本でスムーズにズーム調整ができるようになっています。またこのExliderに指紋センサーが内蔵され、指紋認証が行えます。

さらに画面割れへの強さを実現する独自構造が進化し、耐久性と美しいデザイン性を両立する「New SOLID SHILED構造」を採用し、1.5mの高さからコンクリートへの落下試験を実施し、確かな頑丈さを実証しています。ディスプレイを覆う強化ガラスはCorning製「Gorilla Glass 3 with NATIVE DAMAGE RESISTANCE」を採用。

落下時には画面が割れにくいだけでなく、背面には耐傷性に優れた新しいガラスと樹脂を結合させた特殊コーティングを採用し、傷つきにくく、キレイな状態で長く安心して使えるようになっています。

なお、耐性試験はアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した23項目に準拠。もちろん、防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)にも対応。

外観は手になじむスクエアラウンドフォルムと繊細なテクスチャーを採用し、本体色は大人なニュアンスを感じる深みのあるBlue BlackおよびIvory White、Moss Greenの3色展開。サイズは約149×72×8.1mm、質量は約150g台。充電など用の端子は表裏のないUSB Type-C端子。

音響面では引き続きオンキヨーが監修し、Dolby Audioに対応したフロントステレオスピーカーを搭載し、ハイレゾ音源に対応し、最大48kHz/24bitまでのBluetoothコーデック「aptX HD」に対応。文字入力もジャストシステムと共同開発した「Super ATOK ULTAS」を搭載。

カメラは背面が約2300万画素リアカメラ(F2.0)、前面が約500万画素フロントカメラ(F2.0)で、シャッターボタンを押すとすぐにシャッターが切れる「ゼロシャッターラグ」に対応し、画面を光らせることで暗い場所でも明るく撮れる「画面フラッシュ」や自動で肌をなめらかに仕上げてくれる「美肌補正」などの自撮り機能も充実。

その他の仕様ではQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 660(SDM660)」(オクタコアCPU「2.2GHz×4+1.8GHz×4」)および32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GBまで)、2580mAhバッテリー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、ワンセグ、フルセグ、おサイフケータイ(FeliCa)、NFC Type A/B、位置情報取得(GPS)、3.5mmイヤホンマイク端子など。

通信速度はキャリアアグリゲーション(CA)に対応したPREMIUM 4G」による下り最大450Mbpsおよび上り最大50Mbps、高音質通話サービス「VoLTE」および「VoLTE(HD+)」に対応し、SIMカードはnanoSIMカード(4FF)サイズ。非常用節電機能やスグ電、エリアメールにも対応。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・報道発表資料 : 2017-2018年 冬春 新商品15機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ
・arrows NX F-01K | 製品 | NTTドコモ
・arrows NX F-01K – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.