KDDI、au向けフラッグシップスマホ「Xperia XZ1 SOV36」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含む…

0

auスマホ「Xperia XZ1 SOV36」がAndroid 9.0 Pieに!


KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、au向け「2017年秋冬モデル」として2017年11月に発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 SOV36」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を含むソフトウェア更新を2019年1月28日(月)18時に提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法のほか、パソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、どちらの方法でも更新時間は約25分、アップデートファイルサイズは約1.5GBとなっています。

更新後のOSバージョンは「Android 9.0.0」、Androidセキュリティーパッチレベルは「2018年12月1日」となり、ビルド番号は「47.2.C.0.262」で、ビルド番号はアプリ一覧から「設定」→「システム」→「端末情報」→「ビルド番号」にて確認可能。その他、主な変更点は以下の通り。

○主な改善内容
1)音量ボタン:音量調節機能(マナーモード含む)の変更
 ・右側面の音量ボタンでメディアの音量調節ができるようになります。
 ・メディア以外の音量を調節する場合は、設定アイコン(歯車)をタップし、音設定画面にて設定変更できます。
 ・マナーモードアイコンをタップするとマナーモードの設定を変更できるようになります。
 ・音量が15段階から30段階となり、より細かく設定できるようになります。
2)ステータスバー:配置・一部アイコンのデザインの変更
 ・時刻の表示位置が変更になります。
 ・ステータスバー(画面最上部)のアイコンの配置や一部アイコンのデザインが変更になります。
3)電話:着信中のポップアップデザインの変更
4)電話:連絡先画面の表示変更
 ・登録済の連絡先がある場合、電話アプリの連絡先画面上部に「新しい連絡先を作成」ボタンが表示されるようになります。
 ・右下に表示されるアイコンが「ダイヤルパットアイコン」に変更となります。
5)連絡先:番号指定拒否の表示および設定方法変更
 ・「連絡先」→「設定」→「番号指定拒否」をタップすると、「着信拒否設定」に遷移し 、より柔軟な設定ができるようになります。
6)クイックパネル・クイック設定パネル:配置・一部アイコンのデザインの変更
 ・日時、電波表記の配置が変更されます。
 ・アイコンのデザインが変更になります。
 ・現在のマナーモードの状態が表示されるようになります。
 ・「バッテリー」が「STAMINA」に名称変更されます。
 ・アイコン下の▼が削除され、アイコンを長押しすることで、設定画面を表示できるようになります。
 ・クイックパネルパネル上の設定アイコン(歯車)が削除されます。
 ・クイック設定パネルを開くと表示される設定アイコンをタップすることで、従来通り「設定」へ移動することできます。
7)カメラ:フォト、ビデオ、モードセレクターの変更
 【フォト】
 ・ファインダーアイコン、シャッターアイコンが変更になります。
 ・「設定アイコン(歯車)」が左下から右上に移動します。
 ・「設定アイコン」内の「セルフタイマー」「画像サイズ」「色合い・明るさ」が画面上部にアイコンとして表示されます。
 ・「解像度」が「画像サイズ」に名称変更されます。
 ・「プレミアムおまかせオート」が「フォト」に名称変更されます。
 【ビデオ】
 ・ファインダーアイコン、シャッターアイコンが変更になります。
 ・「設定アイコン(歯車)」が左下から右上に移動します。
 ・「設定アイコン」内の「色合い・明るさ」が画面上部にアイコンとして表示されます。
 ・「ビデオ解像度」が「ビデオサイズ」に名称変更されます。
 【モードセレクター】
 ・「フォト」「ビデオ」のシャッターボタンの左に「モード」アイコンが表示されます。
 ・「モード」内には「モードセレクター」内の既存モードと「マニュアル」「スローモーション」が集約されます。
7)画面回転:画面を横にすると任意で画面が回転
 ・「自動回転」の設定がOFFになっていても、端末を横向きにすると右上に回転アイコンが表示され、タップすることで画面を横向きに固定できるようになります。
8)アプリアイコン:一部アイコンデザインの変更
9)電源ボタン:長押し時のポップアップデザインの変更
 ・電源ボタンを長押しした際のポップアップのデザインが変更になります。
 ・スクリーンショットのアイコンデザインが変更になります。

○主な削除/初期化項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
 ・設定アプリ「端末情報」内の「稼働時間」「電池の状態」「電池残量」が削除されます。
 ・設定アプリ「画面設定」内の「システムアイコン」が削除されます。
 ・端末の言語を日本語・中国語に設定した場合、絵文字から「国旗」が削除されます。(他者から送信された場合、表示に関しての影響はございません。)
 ・OSアップデート前にお客さまがご自身で「Player(LISMO)」をアップデートしていなかった場合、「LISMO」が削除されます。
など

OSアップデート後は以下設定が初期状態にリセットされます。必要に応じ、再度設定を行ってください。
 ・カメラアプリ設定内の「保存先」の設定値がデフォルトの[内部ストレージ]に設定されます。
 ・設定アプリ「ネットワークとインターネット」内の「データ警告の設定値」が初期化されます。
 ・設定アプリ「音設定」内の「アラーム音量」の最低値が0→1に変更されるため、音量表記上は引き継がれません。(実際設定した数値は保持されます)
など

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目について(1.7MB) [PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外により快適にSOV36をご利用いただくための改善内容が含まれております。


音量ボタン

ステータスバー

Xperia XZ1は2017年後半のフラッグシップスマホで、スクエアな以前のデザインを採用した最後のモデルです。960fpsのスーパースローモーション撮影や3Dクリエーターに対応した1/2.3型(1画素1.22μm)の有効画素数約1900万画素メモリー積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」によるリアカメラを搭載。

基本スペックは約約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」(約424ppi)やオクタコアCPU「Snapdragon 835」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(UFS)、microSDXCカードスロット、2700mAhバッテリー(取外不可)など。

また防水・防塵に加え、日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応。サイズは約148×73×7.4mm(最厚部約8.1mm)、質量は約156g、本体色はMoonlit BlueおよびWarm Silver、Black、Venus Pinkの4色展開。発売時にはAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)をいち早く搭載していましたが、今回、最新のAndroid 9.0 Pieが提供開始されます。

更新方法は本体のみでの「設定」アプリを起動して「システム」→「詳細設定」→「ソフトウェア更新」から行い、詳細は「 ソフトウェアアップデートガイド(Xperia XZ1 SOV36)(1.5MB)[PDF]」をご確認ください。パソコンを利用する場合は事前に専用ソフトウェア「Xperia Companion」( https://www.sonymobile.co.jp/support/software/xperia-companion/ )」をインストールしておく必要があります。更新に際しての注意点は以下の通り。

・OSアップデートはお客さまの責任において実施してください。
・OSアップデートを行うとAndroid 8.0に戻すことはできません。
・OSアップデートにより、お客さまのauスマートフォンはAndroid 9 Pieに変更され、画面操作や機能が変更されます。
・OSアップデートは更新のための通知が表示されOKを押すと更新が始まりますが、更新前には必ずauホームページ記載の更新内容と注意事項をご確認の上実施してください。
・OSアップデート中は110番、119番、118番への電話も含め、メール送受信などすべての機能は操作できません。
・OSアップデートは所要時間が最大約25分となりますので、本体を充電しながら、または電池残量が十分な状態(フル充電)で実施してください。万一OSアップデート中に電池切れとなった場合は、充電の後、再度電源を投入いただけると更新処理を再開致します。
・4G(LTE/WiMAX 2+)通信(以下au通信)を利用したソフトウエア更新を実施した場合のパケット通信料は有料となります。 このため、パケット通信料が高額になるため「auピタットプラン」「auフラットプラン」などのパケット通信料割引サービス/データ定額サービスへのご加入をご確認の上実施してください。
・au通信を利用した場合、データ通信量が月間データ容量を超えると、当月末までの通信速度が送受信最大128kbpsとなりますのでご注意ください。(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)
・OSアップデートを行う際は通信が切断されないよう、電波が強く安定している状態で、移動せずに実施してください。
・OSアップデート中は、絶対に本体の電源をOFFにしないでください。故障の原因となる場合があります。
・OSアップデートにて本体に登録された各種データや設定情報が変更されることはありませんが、お客さまの端末の状況などによりデータが失われる可能性がありますので、アドレス帳やEメールなどの大切なデータは必ずバックアップを取ってから実施してください。
 Xperia XZ1 SOV36 取扱説明書
 データお預かりアプリ
・アップデート実施後に初めて起動したときは、データ更新処理のため、数分から数十分間、動作が遅くなる場合があります。(所要時間は本端末内のデータ量により異なります。通常の動作速度に戻るまでは電源を切らないでください。)
・OSアップデート実施後に初めてKDDI Eメールアプリ(@ezweb.ne.jp)を起動したときは、数分から数十分程度データ更新処理を行うため、メールの閲覧、送受信ができません。(所要時間はメールの保存件数や容量により異なります。データ処理完了まで電源を切らないでください。)
・海外でローミングサービスをご利用の際は、モバイルネットワーク(海外CDMA/海外GSM接続)でのOSアップデートの検索やダウンロードはできません。
・Android 8.0で動作しているアプリケーションのAndroid 9 Pie上での動作は保証できません。アプリケーションの対応OSなどをご確認の上、OSアップデートを実施してください。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Xperia XZ1 関連記事一覧 – S-MAX
・Xperia XZ1(エクスペリア エックスゼットワン)SOV36 OSアップデート情報 | 製品アップデート情報 | au

(引用元:livedoor news)