ASUS JAPAN、高性能なゲーミングスマホ「ROG Phone ZS600KL」を発表!SIMフリーで11月23日発売。価格は…

20

いよいよゲーミングモンスタースマホ「ROG Phone ZS600KL」が日本で11月23日発売!


ASUS JAPAN(以下、エイスース)は16日、都内にて「ゲーミングスマートフォン新製品発表会」を開催し、同社のゲーミングブランド「ROG」を冠した初のスマートフォン(スマホ)「ROG Phone(型番:ZS600KL)」(ASUSTeK Computer製)を日本で発売すると発表しています。

発売日は2018年11月23日(金)で、すでに同日15時30分より公式Webショップ「ASUS Store」などにて予約販売が開始しており、価格は市場想定価格およびASUS Storeにおける価格では税抜119,500円(税込129,060円)。

またASUS Storeおよび直営店「ASUS Store Akasaka」ではROG Phone本体に加え、TwinView DockやASUS WiGig Display Dock、Mobile Desktop Dock、Gamevice for ROG Phone、ASUS Professional Dockの合計5点の別売りアクセサリーをセットにした「ROG Phone コンプリートセット」(税別199,500円)を限定販売しています。

ROG Phoneはエイスース初のゲーミングスマホで、ゲームをプレイするのに適した高い性能と本体が派手に光ったりするほか、オーバークロックを施したカスタムCPUや外付けの冷却ユニット、デュアルフロントスピーカーなどの特長があります。

またゲーム用途に合わせてアスペクト比9:18の縦長な約6.0インチFHD+(1080×2160ドット)有機EL(AMOLED)ディスプレイは、フレッシュレートが90Hz、応答速度が1ms、明るさが560nits、色域(DCIP3)が108.6%、コントラスト比が1万:1となっており、ゲーミングHDRやモバイルHDRをサポートしています。画面を覆うのは強化ガラス「Corning Gorilla Glass 6」。

主な仕様はQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 845」(2.96GHzオーバークロック版)および8GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)、 512GB内蔵ストレージ(UFS 2.1)、4000mAhバッテリー、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・Galileo・BeiDou・QZSS/みちびき)など。

USB Type-C端子は2つ搭載されており、片方がUSB 2.0、もう片方がUSB 3.1で、USB 3.0側はOTGやUSB PD 3.0準拠の急速充電、Display Portによる映像出力に対応。急速充電はQuick Charge 4.0にも対応。

バッテリー駆動時間はWi-Fi通信時で約14.7時間、モバイル通信で約13.6時間、連続待受時間は3Gで約533.3時間、4Gで約541.2時間、連続通話時間は3Gで約2454分、VoLTEで約2268分、充電時間は約1.9時間。3.5mmイヤホンマイク端子(4極ミニプラグ)も搭載。

センサー類は加速度センサー、電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、磁気センサー、超音波センサーを内蔵。携帯電話ネットワークはnanoSIMカード(4FF)のスロットが2つで、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応。周波数帯は以下の通り。

FDD-LTE: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18/B19/B20/B28/B29/B32
TD-LTE: B34/B38/B39/B40/B41/B46
キャリアアグリゲーション 5CA(DL)/2CA(UL) 対応
W-CDMA: B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE: 850/900/1800/1900MHz

カメラは背面がF1.8レンズ+約1200万画素デュアルピクセルセンサー(1画素1.4μm)および広角レンズ+約800万画素センサーのデュアルリアカメラ、前面はF2.0レンズ+約800万画素センサーのフロントカメラを搭載。音響ではハイレゾ音源やDTS:X Ultraをサポート。マイクは3つ搭載。

サイズは約158.8×76.1×8.3mm、質量は約200g、本体カラーはブラック(型番:ZS600KL-BK512S8)の1色のみ。IPX4準拠の生活防水(防滴)にも対応。OSはAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)で、独自ユーザーインターフェース「ROG Gaming X mode UI(ROG UI)」を採用。

別売アクセサリーは、バッテリー内蔵デュアルスクリーン拡張ユニット「TwinView Dock」(税別34,800円)およびIEEE802.11ad対応ワイヤレスドック「ASUS WiGig Display Dock」(税別34,800円)、ROG PhoneをPCのように使えるようにするドック「Mobile Desktop Dock」(税別322,800円)、ROG Phoneにアナログスティックや十字キーなどを追加するコントローラー「Gamevice for ROG Phone」(税別8,980円)、ROG PhoneにUSBポートやLANポートなどを追加できる拡張アダプター「ASUS Professional Dock」(税別11,980円)、ROG Phoneの背面を保護する専用ケース「ROG Phone Case」(税別4,580円)。なお、ROG Phoneに1セット付属しています。

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・ROG Phone 関連記事一覧 – S-MAX
・最強のゲーミングカスタムと究極の拡張性を実現したSIMフリーゲーミングスマートフォン「ROG Phone(ZS600KL)」を発表
・ROG Phone ZS600KL | ゲーミングスマートフォン
・ASUS Store(エイスース ストア) – ROG Phone ZS600KL

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.