Appleがホームボタンを廃止して全画面デザインになった新しい「11インチiPad Pro」と「12.9インチiPad P…

20

アップルが「New iPad Pro」を発表!11インチと12.9インチ(第3世代)の2機種


既報通り、Appleが10月30日(現地時間)にアメリカ・ニューヨークにてプレス向け発表会「Apple Special Event」を開催し、新しいタブレット「iPad Pro」(11インチおよび12.9インチ)およびノートパソコン(PC)「MacBook Air」(13インチ)、小型PC「Mac mini」を発表しました。

各新製品ともに日本を含めた1次販売国・地域では本日11月7日に発売され、日本ではNTTドコモおよびau、SoftBank、Appleから販売され、すでに各社ともに予約受付を実施しており、オンラインでは「ドコモホームページ」および「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」、Apple公式Webサイト内のオンラインショップ(公式アプリ「Apple Store」含む)にて行われていました。

価格(税込)も以前に紹介した通りで、Apple直販では11インチiPad ProのWi-Fiモデルが96,984円から、Wi-Fi+Cellularモデルが115,344円から、12.9インチiPad Pro(第3世代)のWi-Fiモデルが120,744円から、Wi-Fi+Cellularモデルが139,104円からで、AppleCare+が各モデルともに15,984円に。

そこで本記事ではホームボタンを廃止してディスプレイの周りの縁(ベゼル)を狭くしたことで全画面デザイン「オールスクリーン」に生まれ変わった新しいiPad Proについて製品情報を紹介したいと思います。

新しいiPad Proは画面サイズが11インチと12.9インチの2機種で、11インチはこれまでの10.5インチから画面サイズが0.5インチ大きくなったものの、本体サイズは小さくなりました。また12.9インチは3世代目となり、ベゼルが狭くなったことで小型化に成功。

画面解像度は11インチが2388×1668ドット、12.9インチが2732×2048ドットで、画面密度はともに264ppiとなっています。また両機種ともにIPSテクノロジー搭載LEDバックライトMulti‑Touchディスプレイとなる「Liquid Retinaディスプレイ」です。

これにより、ProMotionテクノロジーや広色域ディスプレイ(P3)、True Toneディスプレイ、耐指紋性撥油コーティング、フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング、1.8%の反射率、600nitの輝度といった仕様となっています。

なお、これまでの「iPad」シリーズはすべて画面のアスペクト比は4:3でしたが、11インチiPad Proではドット数からすると若干細長くなっており、いわゆる白銀比(1:√2)に近くなっています。

これによって横表示で半分に2分割しても同じ白銀比の2画面表示となるため、本や漫画、雑誌などの印刷物をそのまま電子化したような電子書籍でも見開きのまま表示できると見られます。


新たに11インチが登場

12.9インチは第3世代となり、小型化を実現

厚みは従来の6.9mmから5.9mmに薄型化。その分、デザインはスクエアなものに

小型化・薄型化によって体積は25%小さく

カラーバリエーションは両機種ともにシルバーおよびスペースグレイの2色展開

サイズは11インチが約247.6×178.5×5.9mm、12.9インチが約280.6×214.9×5.9mm、質量は11インチのWi-FiモデルおよびWi-Fi+Cellularモデルともに約468g、12.9インチのWi-Fiモデルが約631g、Wi-Fi+Cellularモデルが約633g。本体カラーは両機種ともにシルバーおよびスペースグレイの2色展開。

全画面デザインを採用した「iPhone X」などの「iPhone」シリーズと同様にホームボタンが廃止されたため、指紋認証「Touch ID」には対応せず、より認証精度の高い顔認証「Face ID」に対応し、iPhone Xなどとは違って横向きでも上下逆さまでも認証可能となっています。なお、Face IDに対応したことで同社では最もセキュリティーの高いコンピューターになたとしています。


縦画面にしたときの上側のベゼルには左から環境光センサー、IRカメラ、近接センサー、IR投射装置、フロントカメラ、ドットプロジェクター、環境光センサーが並ぶ

カメラは前面が約700万画素裏面照射型CMOSのフロントカメラ「TrueDepthカメラ」(F2.2)、背面が約1200万画素裏面照射型CMOSのリアカメラを搭載し、リアカメラのレンズはF1.8・5枚構成レンズでサファイアクリスタル製レンズカバーとなっています。

またクアッドLED True Toneフラッシュやハイブリッド赤外線フィルター、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、スマートHDR、バーストモードなどに対応し、動画は4K・60fpsまで撮影可能。フロントカメラはポートレートモードやポートレートライティング、アニ文字・ミー文字、Retina Flash、スマートHDR、バーストモードなどに対応。

またチップセット(SoC)は新たに開発された7nmプロセスで製造された64ビットアーキテクチャーを採用した「Apple A12X Bionic」を搭載し、オクタコアCPUおよびヘプタコアGPU、AI(人工知能)やML(機械学習)の処理に特化した「NPU(Neural Engine Unit)」、ISP(Image Signal Processor)を内蔵。

さらに省電力組込型コプロセッサー「Apple M12」も内蔵し、NPUはiPadシリーズでは初搭載で、CPU・GPU・NPU・ISPともに自社開発に。これにより、既存機種と比べてCPUではシングルコアで35%、マルチコアで90%、GPUでは2倍の高速化を実現しています。


新開発のA12X Bionicを搭載

部品配置は、横持ちしたときに右側面に電源/スリープキー、下側面に音量上下キーおよび磁気コネクター、Smart Connector、左側面にUSB Type-C端子が配置。また、Wi-Fi+Cellularモデルでは下側面にnanoSIMカードスロットも搭載。

新しくこれまでのLightning端子からUSB Type-C端子になったことで充電も高速化するほか、新しいiPad ProからiPhoneやデジタルカメラ、ゲーム機などを充電できる機能やデジタルカメラのデータを直接やり取りできる機能などに対応。

同梱品はUSB-C充電ケーブル(1m)と18W USB-C電源アダプター。なお、両機種ともに内蔵ストレージは64GBおよび256GB、512GB、1TBの4種類が用意されています。


USB Type-C端子になったことでiPhoneなどを充電可能に

Apple Pencilも新しくなり、磁石で新しいiPad Proにくっつけるだけでペアリング・充電が可能に

Apple Pencil(別売)も新しくなり、ペンのダブルタップして消しゴムを使うなどの機能に対応したほか、磁石で新しいiPad Proにくっつけるだけでペアリングや充電ができるようになったことで、失くしにくくなっています。なお、新しいiPad Proでは既存のApple Pencilは使えないとのこと。

外部スピーカーは従来通りに四隅に4つ搭載し、より薄くなったものの、独立したツイーターと新しいウーファーによってより臨場感のあるステレオサウンドを実現。音響面では「Dolby Digital(AC-3)」および「Dolby Digital Plus(E-AC-3)」をサポート。

マイクも5つ搭載し、通話やビデオ撮影、オーディオ録音のために周囲のノイズを消しつつ、高音質でFaceTimeオーディオを利用でき、iOS 12.1の新機能であるグループFaceTimeを楽しめます。


別売のキーボード付きカバー「Smart Keyboard Folio」に新しく

その他の仕様では、2.4および5GHzデュアルバンドに対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.0、電子コンパス、iBeacon、3軸ジャイロセンサー、加速度センサー、気圧センサーに対応。

またWi-Fi+Cellularモデルでは位置情報取得(A-GPS・GLONASS・Galileo・QZSS)に対応し、nanoSIMカードスロット(Apple SIM対応)に加えてeSIMにも対応しており、対応周波数帯は以下の通り。

UMTS・HSPA・HSPA+・DC-HSDPA(850、900、1700・2100、1900、2100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1800、1900MHz)
ギガビット級LTE(モデルA1934とA1895:バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、34、38、39、40、41、42、46、66)4

記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・iPad Pro 関連記事一覧 – S-MAX
・New iPad Pro with all-screen design Is most advanced, powerful iPad ever – Apple
・iPad Pro – Apple(日本)

(引用元:livedoor news)