NTTドコモが「2018-2019冬春モデル」を発表!Galaxy Note9やXperia XZ3、Galaxy Feel2、ワンナンバーフ…

20

docomoの2018-2019冬春モデルをまとめ!


NTTドコモは17日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018-2019 冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、新たに5機種のスマートフォン(スマホ)と2機種のフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)、1機種のワンナンバーサービス対応製品、1機種のデータ通信製品(モバイルWi-Fiルーター)などを発表しています。

発表された機種はスマホでは「Galaxy Note9 SC-01L」および「Xperia XZ3 SO-01L」、「Galaxy Feel2 SC-02L」、「AQUOS sense2 SH-01L」、「らくらくスマートフォン me F-01L」、フィーチャーフォンでは「カードケータイ KY-01L」および「AQUOS ケータイ SH-02L」、ワンナンバーサービス対応製品では「ワンナンバーフォン ON01」、モバイルWi-Fiルーターでは「Wi-Fi STATION HW-01L」。

すでに発表されているGoogleの新スマホ「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」を加えた合計11機種を「「2018-2019冬春モデル」としてラインナップし、発売時期はまずは最も早いGalaxy Note9 SC-01Lが2018年10月25日(木)となり、その後に各機種ともに順次投入される予定です。

また発売に先立ってすでに10月17日13時00分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにてGalaxy Note9 SC-01LおよびXperia XZ3 SO-01L、Galaxy Feel2 SC-02L、ワンナンバーフォン ON01の4機種については事前予約が開始されています。

これらのうちのWi-Fi STATION HW-01Lが新たに国内最速かつ国内初の1Gbps超えとなる下り最大1288Mbpsに対応し、下りにおける5波のキャリアアグリゲーション(CA)や4×4 MIMO、256QAMを利用して2019年春より提供されます。さらに上りについても2波CAが2018年11月上旬にXperia XZ3 SO-01LおよびWi-Fi STATION HW-01Lにて提供開始されます。

サービス面では「おすすめ使い方ヒント」がAI(人工知能)化し、これまであらからじめプログラムされた条件に合致した場合に、操作画面上にヒントを表示されていましたが、一定期間の端末操作傾向やコールセンターのお問い合わせログなどの利用状況に応じて困りごとを推測し、これまで以上に最適なタイミングでヒントを表示させることが可能となるとのこと。提供時期は2018年冬以降を予定。

その他、最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップ対応予定機種が案内され、既存機種を含めて24機種がソフトウェア更新で対応することが発表され、発売時から搭載するXperia XZ3 SO-01LやPixel 3、Pixel 3 XLと合わせて合計27機種で利用可能となります。本記事では各機種の個別記事へのリンクやドコモオンラインショップにおける価格(税込)、キャンペーンなどについてまとめたいと思います。

カテゴリー 機種名 発売時期
ドコモ スマートフォン
5機種
Galaxy Note9 SC-01L 10月25日(木)
Xperia XZ3 SO-01L 11月上旬
Galaxy Feel2 SC-02L 11月上旬
AQUOS sense2 SH-01L 今冬
らくらくスマートフォン me F-01L 2019年春
Google Pixel
2機種
Google Pixel 3 11月1日(木)
Google Pixel 3 XL 11月1日(木)
ドコモ ケータイ
2機種
カードケータイ KY-01L 11月下旬
AQUOS ケータイ SH-02L 2019年春
ワンナンバーサービス対応製品
1機種
ワンナンバーフォン ON 01 10月下旬
データ通信製品(モバイルWi-Fiルーター)
1機種
Wi-Fi STATION HW-01L 2019年春

※正式な販売開始日は別途お知らせするとしています。

◯スマートフォン

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.