ソフトバンク、ワイモバイル向けシャープ製スマホ「Android One X4」を発表!6月7日発売、6月1日予約開…

20

Y!mobileスマホ「Android One X4」が発表!


ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は31日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2018年夏モデル」として新たに「Android One」シリーズにおける画面アスペクト比9:18の縦長な約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載したスマートフォン(スマホ)「Android One X4」(シャープ製)を発表しています。

発売日は2018年6月7日(木)で、発売に先立って2018年6月1日(金)よりワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて事前予約受付を実施します。価格(金額はすべて税込)は本体代が67,932円、月額割引を適用した実質負担額が18,684円から。

またシャープではAndroid One X4を購入して専用Webページから応募した人全員にスマートスピーカー「Google Home Mini」をプレゼントするキャンペーン「今ならもらえる!Google Home Miniプレゼント」を実施します。

さらにソフトバンク コマース&サービスでは公式アクセサリーブランド「Y!mobile Selection」からAndroid One X4向けに好きな角度に調整可能で快適な動画視聴を楽しめるスタンドフリップケースや液晶画面を破損から守る衝撃吸収フィルムなどの合計4アイテムを発売に合わせて販売開始し、5月31日より予約受付を開始しています。

Android One X4はワイモバイル向けのAndroid Oneシリーズとして上位モデルとなるAndroid One Xシリーズの第4弾で、開発はシャープが担当しています。シャープとしてははじめてのAndroid Oneとなった「507SH, Android One」や「Android One X1」、「Android One S1」、「Android One S3」に続く5機種目のAndroid Oneとなります。

また仕様から恐らくすでにSIMフリー製品用として開発したとして発表されている「AQUOS sense plus」と同等もしくはベースが同じ製品と見られ、防水(IPX5およびIPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)、ワンセグに対応したスタンダードなモデルです。


防水・防塵でお風呂場やキッチンなどでも利用可能

おサイフケータイ対応

流行りの縦長画面を搭載

鮮やかな表示ができるIGZO液晶を採用

新たにワイモバイルのAndroid Oneとしてははじめてアスペクト比9:18の縦長画面を採用し、シャープのこだわりとも言えるディスプレイの下中央にはホームキーを兼ねる指紋センサーが搭載されています。

画面は液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質化技術を応用した「リッチカラーテクノロジーモバイル」やデジタルシネマの標準規格(DCI)に対応した高い色再現性によってリアルで色鮮やかな映像を映し出せるようになっているとのこと。

本体カラーはオーシャンブルーおよびパールホワイト、ボルドーピンクの3色展開で、AQUOS sense plusがホワイトおよびベージュ、ブラックの3色と比較的地味だったのに対して色を付けてきています。

本体サイズは151×71×8.9mm、質量は約157g。右側面には電源キーや音量上下キー、下側面にはUSB Type-C端子やスピーカーが配置。外装は樹脂製ながらAQUOS senseシリーズを踏襲したシンプルで飽きのこないデザインとなっているとのこと。

背面には約1640万画素CMOSリアカメラを搭載し、高速フォーカスで美しい写真が撮影可能となっており、フロントカメラは約800万画素で、フラッシュライトの代わりに画面が白色に光るようになっており、暗い場所でも自然な明るさで人物を撮影可能です。

基本性能はチップセット(SoC)にQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 630(SDM630)」(2.2GHz×4+1.8GHz×4)および3GB LPDDR4X内蔵メモリー(RAM)とミッドレンジからミッドハイレンジといったところで、一般的な利用方法なら特に困ることもなく快適に使えそうです。

電池は3100mAhバッテリー(取外不可)を内蔵し、連続通話時間および連続待受時間はFDD-LTE網で約1850分/約670時間、AXGP網で−/約695時間、W-CDMA網で約1690分/約780時間、GSM網で約920分/約685時間、充電時間は
約155分(ACアダプター「Y1-AC17-TCQC」使用時)。

高音質通話サービス「VoLTE」および「VoLTE(HD+)」、「HD Voice(3G)」に対応し、最大通信速度はキャリアアグリゲーション(CA)をサポートし、下り最大292Mbpsおよび上り最大37.5Mbpsに対応。

対応周波数帯はFDD-LTE方式のBand 1および2、3、4、5、8、18、19、26、28、AXGP方式・TD-LTE方式のBand 41、W-CDMA方式のBand IおよびII、IV、V、VI、VIII、XIX、GSM方式の850および900、1800、1900MHz。SIMカードはnanoSIMカードスロット×1つ。

その他の仕様では2.4および5.xGHz帯デュアルバンドに対応したIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth(apt-X HD対応)、NFC Type A/B、位置情報取得(A-GPS・GLONASS)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大400GB)、ハイレゾ音源、緊急速報メール、国際ローミングなど。

OSはAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)を採用し、発売から24ヶ月間に最低1回以上のOSバージョンアップと売から3年間のセキュリティーパッチのアップデートを保証しており、Googleのアプリである「Google アシスタント」や「Google フォト」、「Google マップ」、「YouTube」などがプリインストールされており、さらに「Google Pay」も利用可能となっています。

【Android One X4の価格(税込)】
契約種別 新規契約・機種変更 他社から乗り換え(MNP)
スマホプラン S M・L S M・L
本体価格 67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)
月額割引 -972円/月×24回
(総額-23,328円)
-1,512円/月×24回
(総額-36,288円)
-1,512円/月×24回
(総額-36,288円)
-2,052円/月×24回
(総額-49,248円)
実質負担額 44,604円
(頭金540円+分割1,836円/月×24回)
31,644円
(頭金540円+分割1,296円/月×24回)
31,644円
(頭金540円+分割1,296円/月×24回)
18,684円
(頭金540円+分割756円/月×24回)
記事執筆:memn0ck

■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX – Facebookページ
・Android One 関連記事一覧 – S-MAX
・“ワイモバイル”、約5.5インチの大画面を搭載したスリムで持ちやすいAndroid Oneスマートフォン「X4」を6月7日に発売 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・Y!mobile Selection、Android Oneスマートフォン「X4」向けアクセサリーを発売 | ソフトバンク コマース&サービス株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・ソフトバンク株式会社の“ワイモバイル”向け Android One のスマートフォン「X4」を商品化 |ニュースリリース:シャープ
・Android One X4|スマートフォン|製品|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで
・主な特長|X4|製品ラインアップ|AQUOS:シャープ

(引用元:livedoor news)

20 コメント

Comments are closed.